プログラミング 検定試験

当教室では、プログラミングの習熟度をはかるために2つの検定試験を導入しています。
それぞれ異なる特徴を持つ検定試験です。両方受検することも可能です。
お子様の自信につながる何かを残していきたいと思っています。
※画像をクリックすると拡大してご覧になれます。

ジュニア・プログラミング検定
プログラミング能力検定

ジュニア・プログラミング検定とは

プログラミングを学ぶ子ども達を対象とした資格試験です。
Scratchを使用したプログラミングスキルを測定し、その能力を証明・認定します。
子ども達の成長を段階的かつ客観的に明らかにすることで、自信や達成感につなげ、更なる目標に挑戦する意欲を育てることを目的として2016年12月より開催しています。

4つの特徴 その1

1つの作品を完成させる実践的な試験内容です。
単にブロックの知識を問うのではなく、実際にScratchを使用してゲームなど1つの作品を完成させる実践的な試験内容です。受験者は問題文や完成例ムービーを参照しながら、制限時間内にプログラムを作りあげます。

4つの特徴 その2

4つのレベルごとに定めたScratchブロックの役割や特徴を活用する力を評価します。
レベルごとに定めたScratchブロックの役割や特徴を理解したうえで、課題のプログラムをつくれるかを評価します。
レベルはGold(1級)、Silver(2級)、Bronze(3級)、Entry(4級)の4級種を用意しており、学習進度に合わせて段階的にチャレンジできます。

4つの特徴 その3

上位級ではあらかじめ作られたプログラムを修正する「仕様変更」も出題されます。
SilverやGoldの上位級ではあらかじめ作られたプログラムを修正する仕様変更も出題されます。
他者がつくったプログラムを理解し、修正するスキルも問われます。

4つの特徴 その4

自由な発想でより良い作品をつくるアレンジ問題も出題されています。
問題の指示通りに作品をつくった後は、自由に独自の発想を加え、かつ、そのアイディアを説明する「アレンジ問題」が全級で出題されています。
問題の指示に従ってプログラムを作成するだけでなく、自由な発想や相手に説明するスキルも評価されます。
詳しくはサーティファイ情報処理能力認定委員会HPへ

プログラミング能力検定とは

プログラミングの基礎となる知識を測るための試験です。順次処理、条件分岐、繰り返し、変数など、プログラミングの概念の理解度を体系的に分析・評価することで受検者のプログラミング能力を詳細に測り、それまでの学習成果を証明すると共にその後の効果的な学習に繋げることができます。

プログラミング能力検定は、オリジナルのビジュアルプログラミング言語、およびテキストプログラミングに対応しており、幅広い層に受検いただくことができます。

また2022年度より高校にて必修化される「情報Ⅰ」のプログラミングに関する領域に対応し、2024年度の大学入試共通テストから必修となる情報科目としてのプログラミングへの対策試験となることを目指しています。

ジュニア・プログラミング検定との違い

●ジュニア・プログラミング検定は小学生のみを対象としていますが、プログラミング能力検定は小・中・高校生までが対象。
●随時受検できません。開催期間中の受検となります。
●Scratchのようなビジュアルプログラミングによる出題はレベル4まで。その上のレベルはテキストプログラムによる出題となり難度の高い検定となっています。

詳しくは協会HPへ